奈良市政の「医療・介護・子育て」を変える・守る。奈良市議会議員・しなと幸一(階戸幸一)のサイト。

ブログ

Apr
21

21日で2週間(緊急事態宣言)

2020年4月21日

4月21日で緊急事態宣言から2週間が過ぎます。
効果が表れれば感染者のピークの分岐点となるはずです。政府も緊急事態宣言を延長するかを検討するようになりますが、国民の不安は決して消えてはいません。
今の検査体制が帰国者・接触者を対象としたPCR検査のやり方にあると思います。連日感染者の報道がされている中で、感染経路が不明の数が依然として多く、帰国者・接触者だけでは感染者の減少には至らないからです。多くの人が感じていることは、身の回りで感染の有無を明らかにするためには不安のある方の中で血中酸素濃度(SPO2)と発熱の有無でPCR検査を受診できるようにすることだと思います。
現在、奈良県ではドライブスルー方式でPCR検査を実施していますが、あくまでも帰国者・接触者の中で判断されています。
感染経路の不明の不安を払しょくするにはハードルを下げてPCR検査を実施し、保険適用できるようにすることが必要と強く思います。